しわやたるみ・ほうれい線を治す方法 〜私のしわ対策記録〜

シワの浅い・深いは皮脂腺の量に関係あり

 

年齢が高くなっていくにつれ顔のしわというのは多く・深くなります。

 

これは女性なら誰もが抱える大きな悩みの一つですよね。

 

シワがそんなに無い部分やシワがどんどん深くなる部分があるのは、皮脂腺の量に関係していると言うことがわかってきたそうです。

 

例えば鼻にはシワなんてないですよね?それに対しておでこや目じりにはシワがどんどん増えていきます。

 

これは皮脂腺が多いか少ないかで理由が説明できるのだそう。

 

もちろん筋肉をどれだけ動かしているかでもシワはできますが、シワは皮脂腺の量も関係があるようですね。

 

皮脂腺と言うのは皮膚を雑菌から守り、皮脂を出して水分から皮膚を守る微細な腺です。

 

ある研究チームによると皮脂腺の密度が薄い場所では顔のしわが深くなる傾向にあるとの結果が出ました。

 

 

 

 

皮膚のしわと皮脂腺の関係

 

今日は、皮膚の下の皮脂腺が多いとしわが浅くなるんだって? というお話です。

 

いわゆる「笑いじわ」や「目尻のしわ」など、顔にできるしわは加齢による大きな悩みの1つだが、日本の研究で、一部の皮膚のしわが他よりも目立つ理由についての洞察が得られたそうです。

 

K大学研究チームによると、皮膚の下にある油脂分泌腺の違いにより、目尻のしわよりも額のしわが浅い理由を説明できるそうです。

 

皮脂腺は「皮膚を滑らかにし、水から守る皮脂を分泌する微細な腺だ」と、T大学は説明しています(同氏は今回の研究には参加していない)。
今回の知見に基づけば、皮脂腺の密度が薄い場所では顔のしわが深くなる傾向があるが、そのエビデンスは顔の上半分に限られるようだと同氏は話しています。

 

今回の研究では、顔のしわに関連する因子を探るため、20代から90代の58人の日本人の死体から採取した額および目領域の皮膚検体のしわの深さ、腺の密度、真皮の密度を調べました。

 

その結果、額領域では皮膚の下にある皮脂腺が多いほどしわが浅かったそうで、額よりも目尻のしわが深い理由は、目尻に皮脂腺がないためだと説明できるそうです。
また、腺の密度が濃いほど真皮層(外表皮に含まれる汗腺や毛包の下方に位置する)が厚いこともわかったそうです。

 

研究グループは、この研究が最終的にしわ取り治療の発展につながることを期待しながらも、しわの深さを左右する因子はほかにも多数あると認めています。
また、今回の研究は日本人の皮膚にのみ着目したものであり、他のタイプの皮膚に同じ傾向がみられるかどうかは不明です。

 

米研究所助教授もこれに同意し、「人種により実にさまざまなしわがみられ、しわの少ない人種もいる。
そのため、(腺の)違いだけが原因であるとは考えにくい」と述べています。

 

今回の知見が顔の老化パターンに基づく予想に一致するものだと認める一方、しわを増やしたくない人は生活習慣の改善に目を向けるべきだと述べています。

 

皮膚の代謝、毒素処理、栄養の送達および皮膚の(弾力性の)維持には十分な水分摂取が不可欠であり、また健康的な食事、定期的な運動、十分な睡眠も、いずれも最善の皮膚代謝のために重要だと同氏は助言しています。

 

要するに、健康的な食事・定期的な運動・十分な睡眠が皮膚の為になるんだそうです。
健康的な食事・定期的な運動・十分な睡眠は、病気にならない為にも健康長寿にも必要でしょう。

 

健康な人は、皮膚も若くしわも無く病気にならないんですよね。