しわやたるみ・ほうれい線を治す方法 〜私のしわ対策記録〜

最新の美容成分は優れた保湿とダメージ修復の成長因子が鍵

 

日々研究されている医学や技術の進歩とともに美容業界でも最新の技術を使ったスキンケア商品が出てきています。

 

最先端の再生医療を応用したスキンケア商品やナノテクノロジーを応用した浸透性の高いスキンケア商品が誕生し飛躍的に肌の状態を改善させてくれるようになりました。

 

今まで効果があったとされるものよりはるかに効果があるものが存在してきたことはご存知でしょうか?

 

医学的に根拠があり肌の劣化のメカニズムを解析することでより効果のあるケア商品が誕生したんですよ。

 

そこで今回は、最近話題になっている美容成分をピックアップしてご紹介しようと思います。

 

もしかしたら今お使いの保湿液や美容液にも最先端の技術が詰め込まれているかもしれませんね。

 

話題となっている新美容成分

 

プロテオグリカン

 

プロテオグリカンのプロテオとはたんぱく質のことであり、グリカンとは多糖類を意味する糖タンパク質の一種です。
コラーゲンやヒアルロン酸と同じような働きがあり、保水性にたいへん優れていて肌のハリや潤いを保持する役割があります。

 

驚きなのがその保水力。プロテオグリカンは、ヒアルロン酸の約1.3倍以上もの保水力があることも知られているため、乾燥肌の方や加齢によるたるみやシワにも非常に効果が期待できる成分です。

 

リピジュア

 

リピジュアはヒトの細胞膜を構成しているリン脂質をモデルにして開発された生体適合性の高い保湿成分です。
ヒアルロン酸の約2倍と言う優れた保湿効果があることから、プロテオグリカンと同様にシワやたるみに悩んでいる方には特におすすめの美容成分です。

 

フラーレン

 

フラーレンは炭素によって構成される物質で、ビタミンCと比較して約172倍の抗酸化力があると言われています。
フラーレンはそのすばらしい抗酸化作用によって、老化の原因となる活性酸素を取り除くことができ肌の酸化を防いでくれます。
シミやしわ、たるみなど肌の老化を総合的にケアがしたいと言う方におすすめの美容成分です。

 

セラビオ

 

セラビオとは大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させたバチルス発酵液と呼ばれるものです。
セラビオは植物由来のエキスなのですが、研究によってあの有名なプラセンタエキスよりも効果的な保湿効果やコラーゲンを作る機能を活性化することができる作用があるのです。
年々衰えていく肌のハリや弾力が気になる方にはおすすめの成分です。

 

アルジルリン

 

アルジルリン(アセチルヘキサペプチド-3)は塗るボトックスとも呼ばれており、シワやたるみの改善でも有名なボトックスと類似した作用があります。
美容業界でも使用されているボトックスのように注射の必要がなく肌に塗布するだけなので、副作用などの心配がないことからも近年注目されている成分です。

 

APPS

 

APPSはブライトニングケア(美白)がしたい方におすすめの成分です。
APPSと言うのはアプレシエという成分主体の進化型ビタミンC誘導体のことです。
美白効果でよく知られているビタミンCをさらに肌に浸透しやすくしたのがAPPSであり、従来のビタミンCよりもなんと約100倍の浸透力があると言われています。

 

EGF

 

EGFはエピダーマルグロースファクターの略で、日本では上皮細胞増殖因子や成長因子と呼ばれています。
EGFはヒトの体内で生産されて細胞のターンオーバーに関与しているタンパク質の一種なのですが、加齢とともにそれは減少していき細胞の再生が遅くなってしまい肌が老化していきます。

 

そこでEGFを体内に補給することで細胞のターンオーバーを促すことで肌の活性化を促してくれる美容成分です。
ノーベル賞受賞成分として再生医療でも用いられている大変効果が期待できる成分と言われています。

 

自分に合った化粧品を選ぶと言うこと

 

確かに色々としわ・たるみに効果があるとされる成分が新しく出ていますよね。

 

どれが良いのかわからないという人も多いと思ったので、今回は特にしわに効果があるとされる新成分を載せてみました。

 

たくさんあると困ると言う人もいるかもしれませんが、実はたくさんあるのは良いことなんです。

 

どれか1つを試してみてあなたの肌に合わない・効果がない場合は別の成分を試すことができるからありがたいことなんですよ。

 

人の肌の状態は多種多様ですからね。

 

自分の肌の状態を詳しく調べてそれにあう化粧品を選ぶことができたら良いのですがそこまでは個人でできません。

 

ですから今回挙げた成分をメインに一つずつ試してみることもできます。

 

最近はヒアルロン酸の5倍の保湿力がある成分も見つかりましたね。

 

化粧品を選ぶ時はブランドや価格、期待できる効果など色々と選び方はありますが、自分が抱えている肌の悩みや目的に応じて最も自分に必要だと判断する美容成分をいくつかピックアップしておくと良いと思いますよ。